ベイスターズ ファンフェスティバル 〜熱狂✖️コミュニティ〜

横浜が沸きに沸いた2017年ペナントレース。

 

19年ぶりの日本シリーズ進出は、ベイファンに夢と希望を与えてくれました。

 

 

来年は、20年ぶりのセリーグ制覇と悲願の日本一へ。

 

 

今年度の飛躍は、

選手ももちろんすごいのですが、

 

池田元球団社長はじめ、

DeNAのマーケティングがあってこその大躍進だと思っています。

 

マーケティングってすごい。

 

改めて実感しました。

 

 

さて、そんな中で、最近僕の身の回りにあった、

ベイスターズコミュニティの話を少しだけ。

 

 

 

 

 

ベイスターズ忘年会 in CASACO

www.facebook.com

 

僕がちょこっとだけお手伝いしているCASACOで、ベイスターズ忘年会を行いました。

そんな告知はしていなかったのですが、

老若男女、全然知り合いでもない人たちが30名くらい集まって

ワイワイガヤガヤ、ベイスターズの試合を振り返りながら

飲み食いしました。

 

中でも、往年のファンの一言が印象的でした。

「ベイスターズファンがこんなにいて、嬉しい。こんな日が来るなんて思ってなかった!」

 

そうなんですよね。

僕もそうでしたが、人気がなかったので周りにファンはおらず、

ファンを公言することも憚られ、寂しい思いをしていました。

 

でも、共通の仲間が増えていくと、とてつもなく嬉しい。

 

同じことに熱狂している人が周りにいると相乗効果が起きて

ますます、その対象物にハマっていく。

 

同じ趣味を持つ人たちが簡単に繋がれて、

かつオフラインでも会えるってのがいいですよね。

 

ビバSNS!

 

こういうコミィニティに属していくことが

国民総幸福量が上がるキーポイントじゃないかなぁと思います。

ハマるものがあるって大事。

 

でも楽しみ方は人それぞれ。

自分の好きなように楽しめればそれでいいと思います。

 

知れば知るほど面白くなるってのはどんなことでも共通してると思いますが。

 

 

 

ハマスタレジェンドマッチ

www.baystars.co.jp

 

上記の忘年会で知り合った人たちに誘われ、

完売していたチケットを譲っていただき

行ってきました、レジェンドマッチ。

 

僕は1998年の優勝でファンになったのですが、

 

佐々木谷繁バッテリーや進藤とか五十嵐をまた見れるなんて…。

 

感無量でした。

 

(…石井琢朗に出て欲しかった号泣)

 

久々の番長は当然のこと、佐伯とかが横浜に戻ってきてくれるなんて

(佐伯とブラックホッシーとの対決がまた見られるなんて)

嬉しすぎ。

 

今まで、OBをあまり大事にしてこなかった印象のあるベイスターズですが

これでほっと一息。

 

こういう歴史を大事にする姿勢もまた、

DeNAの、ファンとのコミュニケーションなのでしょう。

本当に素晴らしいと思います。

 

にししても、球場に駆けつけたファンのみなさん、

 

なんでポンセの応援歌歌えるんすか。笑

 

熱心なファンの方々は、事前にYouTubeで予習されたみたいで、

メモ帳にずらっと情報を書き込むファンもいて

本当に熱量がすごい。

 

ファンがファンを呼び、勝手に昔の選手まで好きになって

みんなで歌い、みんなで笑う。

「野球」はとてもわかりやすいファンコミュニティがあるけど

 

いろんな企業は見習う点も多い。

 

ベイスターズには、大義がある。

 

「横浜という地域を元気にしたい」

 

これが根元にあって、そのために様々な施策を打っている。

 

ある種、地域コミュニティだから特別なのかもしれないけれど

多分、この考え方は汎用性がある。

 

お金儲けじゃない。大義があるか否か。

 

それにどれだけ自身が熱狂できるか。

 

 

 

 

余談ですが、当日朝豪雨にも関わらず、

熱心なファンの方々はAM4:00くらいには並んでいたとかいないとか。

半端ない…。

 

 

 

 

 

 

ファンフェスティバル

www.baystars.co.jp

 

そして、本日、ファンフェスティバルが追浜の横須賀スタジアムで開催されました!

 

初めて参戦しましたが、すげぇ人。

 

超長蛇の列で、入場までにめっちゃ時間かかった。

 

これも、熱心なファンの皆さんは、始発やら夜明け前に車で会場インという熱量。

 

近くで選手と会えるし、先着だけど、スポンサーの商品などを買えば、

選手のサインと記念撮影もできるという。

 

この日発売のグッズや、トークショーなど内容は様々。

 

選手とキャッチボールしている人もいた。

 

入場料は300円!

 

池田さんの本に書いてあったけど、

基本的に、このイベントはファンに感謝する日だから、利益を出すつもりはないらしい。

 

野球している姿とはまた違った一面や、実際に触れ合うことで、

またベイスターズを好きになっていく。

 

噂によると、キャンプに行くファンが急増しているらしい。

 

すごい経済効果。

 

特にやってることで面白いと思うものはなくて、

めっちゃすごいイベント!とは思わなかったけど

それでも、こういう機会をちゃんと作ることは大事ですよね。

 

やっぱり、実際に近くで見て、話す、という体験したら、好きになっちゃうよね。

 

 

来年行かれる人は、事前にタイムテーブルを見て、

トークショーを楽しむのか、商品を買って選手と写真撮るのか、グッズを購入するのか

とか戦略を決めておいた方がいいと思います。

 

あと、やっぱファンの人に楽しみ方を聞くのもありです!

今回、熱烈ファンにめっちゃ助けられました!

あざす!!

 

 

まとめ

熱狂とコミュニティは切っても切れない関係というか、

相乗効果をどんどん高めます。

ファンがファンを呼び、繋がり、拡大していく。

 

 

それを企業が応援して行くことがますます重要になっていくんじゃないかなぁ。

 

コミュニティについては、またゆっくり勉強していきたいです。

 

 

 

何はともあれ、来年も楽しみですね。

 

またハマスタで会いましょう!

 

 

 

参考図書

 

スポーツビジネスの教科書 常識の超え方 35歳球団社長の経営メソッド (文春e-book)

スポーツビジネスの教科書 常識の超え方 35歳球団社長の経営メソッド (文春e-book)

 

 

 

しがみつかない理由

しがみつかない理由

 

 

 

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です